スピリチュアル

ソウルメイトとは?5つの特徴とソウルメイトが現れるタイミング

ソウルメイトとは?5つの特徴とソウルメイトが現れるタイミング

魂の伴侶・仲間として知られるスピリチュアルな存在の「ソウルメイト」。
ソウルメイトとは、前世から深いご縁のある特別なお相手のことです。

そんなソウルメイトには、どのような特徴があるのか?
また、現世で自分の前にソウルメイトが現れる前兆には、どのようなサインがあるのか?

この記事では、ソウルメイトとは何かを解説していきます。ソウルメイトの特徴、ソウルメイトが現れるタイミングもあわせて紹介しますので、魂の伴侶に出会いたい方は必見!

 

ソウルメイトとは何か

ソウルメイトとは何か

ソウルメイトとは、前世から深いご縁のある魂の伴侶・仲間のことです。輪廻転生を繰り返す中で、何らかの経験を共有した「精神的な結びつき」の強いパートナーともいえます。

  • ソウル(soul)…魂
  • メイト(mate)…伴侶、仲間

上記2つを組み合わせて生まれた「ソウルメイト」という言葉は、古代ギリシャの哲学者プラトンの『球体人間論』に由来すると考えられています。

また、イギリスのロマン派詩人・哲学者のサミュエル・テイラー・コールリッジが若い女性に宛てた手紙の中でも、「ソウルメイト」という言葉が使われていたのです。

 

ソウルメイトとの関係

前世から深いご縁のあるソウルメイト同士は、「お互いの魂を成長させる関係」にあります。
ソウルメイト同士は、同じ目的・使命を共に達成する約束を交わした間柄なのです。

その約束を守るために身近な家族、友人、恋人、指導者などとして、ソウルメイトは輪廻転生を繰り返します。

 

ツインソウルとの違い

ソウルメイトと似た存在として「ツインソウル」という関係性があります。
ツインソウルとは、

  • ツイン(twin)…双子
  • ソウル(soul)…魂

この2つの単語から成る通り、元々1つの魂同士から分かれた、双子のように親しい存在のことを指します。
まるで一卵性双生児のようですが、実際の双子=ツインソウルということではありません。
元々の魂が同じであることから、ソウルメイトより深い縁で結ばれているとされています。
その存在はソウルメイトより希少であり、現世で「ツインソウルに出会えた」と確信することは稀です。

また「ソウルメイトのほうが劣っている」と勘違いされることもありますが、この2つの存在意義はまったく別物です。
ソウルメイトにはソウルメイトだけの役割があり、ツインソウルにも独自の役割や目的があります。

ツインソウルについて詳しく知りたい方は、次の記事もチェックしてみてください。

双子の魂・ツインソウルとは?その特徴4つと出会う前兆3つに迫る
双子の魂・ツインソウルとは?その特徴4つと出会う前兆3つに迫る

ツインソウルは「双子の魂」と直訳され、あなたと同じ魂をもつ相手です。過去世から縁が深く、現世でも魂が成熟したのちに再会す ...

続きを見る

 

ソウルメイトの特徴5つ

ソウルメイトの特徴5つ

一緒に過ごす場合に自然体でいられる

前世から深いご縁のあるソウルメイト同士が出会うと、お互いに自然体でいられます。
たとえ初対面であっても、昔から知る親友同士のように心をひらくことができるのです。

これをスピリチュアル的に説明するなら、「波長が合う」ということ。ソウルメイト同士は、波長が合わないことが原因で生まれる気まずさとは無縁なのです。

 

なにかと共通点が多い

感性、雰囲気、価値観といった共通点が多いのもソウルメイトの特徴です。ここでいう共通点とは、家族構成や育ってきた環境というわかりやすいものだけではありません。

スピリチュアル的にいう「エネルギーの質」が似ている、または「エネルギーの質が同じ」といった非常に抽象的な共通点も含まれるわけです。

 

言葉にしなくても相手の感情/考えを汲みとれる

ソウルメイト同士は、言葉にしなくても相手の感情・考えを汲み取れます。一般的にいう「言葉にしないと伝わらない」ということに当てはまらないツーカーの関係なのです。

相手が口ごもっている際はその心理を代弁し、自分が言葉に詰まった場合にも相手が考えを汲み取ってくれます。

 

出会うと懐かしさを感じる

出会うと懐かしさを感じるのもソウルメイトの特徴といえます。現世で会うのは初めてでも、前世で深く繋がっていたという記憶が魂の中に宿っているためです。

初対面の他人を相手に懐かしさを感じるケースは稀でしょう。しかし、ソウルメイト同士だからこそ感じ得る感覚なのです。

 

人生の転機/岐路で出会う

人生の転機・岐路に立つときに出会うのもソウルメイトの特徴です。先にお伝えした通り、ソウルメイトはお互いの魂を成長させる関係となります。

だからこそ、お互いのピンチを直感的に察して引き寄せ合うこともできるのでしょう。
自分1人では対処しきれない「逆境」が訪れた際に出会う特徴がある、ともいえます。

 

自分のソウルメイトを具体的に知る方法

自分のソウルメイトを具体的に知る方法

上記のソウルメイトの特徴は、広く知られている一般的なものです。
この5つの特徴に加えて、自身にとってのソウルメイトの特徴も知っておく必要があります。

自分だけのソウルメイトの特徴が曖昧なままだと、例えば「他の人と結婚してしまったけど、今思うとあの人はソウルメイトだったかも…」と、後々になって気づくことがあるからです。
もちろん、結婚しない=ソウルメイトと繋がれなかった、ということではありませんが、自分だけのソウルメイトの特徴を詳しく知っておくことで、その相手と出会ってからずっと関係を保ち続け、魂を共に成長させることができるのです。

以下、自分にとってのソウルメイトの特徴を知る3つのステップをご紹介します。

 

ステップ1:嫌い・苦手と思う人の特徴をすべて書き出す

まずは、自分が嫌いな人・苦手な人・相性が悪いと感じる人を、思いつく限り書き出してください。
「自分勝手な人は無理」「自分ルールを押し付けてくる人は嫌い」「悪口を言う人とは関わりたくない」など、どんな些細な特徴でも良いので、限界まで書き出しましょう。

 

ステップ2:好きな人・理想的な人の特徴をすべて書き出す

次のステップは、ステップ1とは反対に、

  • 今関わっている居心地の良い人
  • これまで関わってきた相性の良い人
  • 自分が思い描く、仲良くなりたい理想の人

このような人の特徴を、可能な限り書き出してください。
「いつもポジティブな人」「自分の悪いところを指摘してくれる人」「趣味を一緒に楽しんでくれる人」など、こちらも思いつく限り挙げましょう。

 

ステップ3:嫌いな人と好きな人を1つの文章にまとめる

最後に、ステップ1・2で挙げた人の特徴を、1つの文章にまとめます。
先ほど例に挙げた6つの特徴をまとめると、次のような文章になります。

私が嫌いな人は、いつも悪口を言っていて、自分ルールを押し付けてくる自分勝手な人。こういう人との時間は作りたくない。私が好きでずっと仲良くし続けたい人は、いつもポジティブでお互いの趣味を一緒に楽しめるけど、時には自分の悪いところを指摘してくれる人。一緒にいて居心地が良く、成長もできると思う。

こうして出来上がった文章に当てはまる人が、自分にとってのソウルメイトです。
嫌いなところが1つも当てはまらず、かつ好きなところが全部当てはまる人と出会うことが、どれだけ希少で価値のあることかが分かると思います。

そして何より大切なことは、自分が出会うソウルメイトの特徴を具体的に描けるようにすることです。
出会った瞬間に直感で分かる場合もありますが、すべての人が確実に気づけるわけではありません。
しかし、ソウルメイトの具体的な人物像を知っていることで、その相手と出会い、気づき、仲を深め、最終的にソウルメイトだと確信する可能性が、飛躍的に高まるのです。

自分にとってのソウルメイトをできるだけ具体的に思い描き、その存在を自ら引き寄せましょう。

 

ソウルメイトが現れるタイミング

ソウルメイトが現れるタイミング

ソウルメイトが現れるタイミングは、「自分らしく生きられているとき」です。
あなた自身が自然体で過ごすほどにソウルメイトを引き寄せやすくなります。

というのも、ソウルメイトは自分の波長と似た存在だからです。あなたが本来、実現したい生き方ができていれば、ソウルメイトへの引き寄せ効果はおのずと増していくでしょう。

反対に、自分らしさを大きく損なうような生き方をしているうちは、ソウルメイトとは出会えないでしょう。

魂の目的を共に果たす仲間は早いうちに見つけておくのが吉。

 

まとめ

ソウルメイトとは、あなたと共に魂の目的を果たす伴侶・仲間なのです。これまでに出会った人物の中にソウルメイトの特徴を満たす相手がいれば、積極的に接点をもちましょう。

また、ソウルメイトとまだ出会えていない場合もあると覚えておいてください。その場合には自分らしく生きることを意識し、早い段階でソウルメイトを引き寄せましょう。

 

-スピリチュアル
-,

© 2021 ネクスピ