スピリチュアル

スピリチュアルでいうオーラとはなにか|定義や波動との違い

スピリチュアルでいうオーラとはなにか|定義や波動との違い

芸能人はオーラが凄い。あの人はオーラがある。こうした会話の中で耳にする「オーラ」とは、生体から発せられる霊的なエネルギーです。

スピリチュアルの世界では、人や物の性質を判断する際にオーラの色を見ます。そこでこの記事では、オーラとはなにかをより詳しく解説していきます。

 

スピリチュアルでいうオーラとはなにか

スピリチュアルでいうオーラとはなにか

スピリチュアルでいうオーラとは、生体から発せられる放射状のエネルギーです。主に、人や物を見た際に感じる「雰囲気」「威圧感」などを指して使われる言葉ともいえます。

オーラは、同じスピリチュアルの分野でも別の言葉に置き換えて説明されることがあります。例えば、ヨガにおけるオーラの説明には「チャクラ(エネルギーの出入り口)」が用いられ、チャクラから出入りするエネルギーを操ったり整えることは、自身のオーラを整えることと同じ意味になります。

また、オーラの最たる特徴は色をもつこと。生体の性質・性格傾向によってその色は異なります。一部のスピリチュアルな能力者は、オーラの色をもって特定の人・物の性質を判断します。

 

オーラでわかるスピリチュアルな性質・性格

オーラを見れば、肉眼では確認できない「スピリチュアルな性質・性格」がわかります。つまり、あなたの内面(精神)を読み解けるのです。

  • 基本性格(気質)
  • ポテンシャル(潜在能力)
  • エネルギーの強弱
  • 人生の課題、カルマ

こうした項目を含むスピリチュアルな性質・性格がわかれば、自分に合う仕事、趣味、特技を見つけやすくなります。また、人生の転機、試練、逆境を乗り切るヒントを掴み、自力で人生を切り拓く術を考えられるようになるでしょう。

 

人間が発する2種類のオーラ

人間は「アストラル体(幽体)」が発するオーラと「エーテル体(霊体)」が発するオーラの2種類を持っています。
アストラル体が発するオーラとは、自身の今の感情や健康状態によって絶えず変するオーラです。後ほど解説する『オーラを強くする方法』では、このアストラル体のオーラをより強く・より輝かせることが目的です。一般的な霊能者はこのアストラル体からのオーラを見て、本人の特性を判断します。

一方エーテル体が発するオーラとは、前世からの因果などで定められた魂の性質的なもので、色は基本的に変化しません。魂が成長するにつれて、その輝きが徐々に増していきます。

 

オーラと波動の違い

オーラと波動の違い

オーラは「エネルギーそのもの」であるのに対し、波動は「エネルギーの動き」を指します。生体のもつエネルギーに関する言葉という点では同じですが、両者の意味には明確な違いがあるので混同しないようにしましょう。

また、オーラは「放射状に広がる」特徴があるのに対し、波動は「上下・高低に波打つ」特徴があります。

さらにいえば、エネルギーそのものであるオーラとは違い、波動は、エネルギーの動きをもとに生体の状態の良し悪しを見極める判断基準です。両者の根本的な意味の違いを理解し、言葉選びを間違えないようにしたいものですね。

 

オーラを強くする方法

オーラを強くする方法

オーラとは、私たち人間全員が持っている生体エネルギーです。そのため「オーラが無い」という言い方は正確ではなく、強弱の視点で見るべきものです。オーラ、すなわち生体エネルギーが強い人ほど、周囲から「魅力的」「カリスマ性がある」「モテる」と感じられ、人脈や強運といった相応の結果を引き寄せることができます。

また、最初から強いオーラを持っている人は極希です。ほとんどの人間は、高次元の世界から3次元の地球に転生し、魂を成長させる「修行」をしている最中です。今後生きていく過程で魂のレベルが上がっていくと、その人のオーラの色や輝きが増し周囲に人間的な魅力が伝わるようになります。

以下、オーラを強くして人間的な魅力を高める方法を3種類ご紹介します。

 

1. オーラを認め、感じる努力をする

まずは、目に見えないオーラの存在を認めて、感じる努力をしましょう。筋トレをする際、鍛える筋肉を意識することでトレーニング効果が高まるという理屈と同じように、オーラを感じ取る訓練を積み重ねることで、そのエネルギーを少しずつ感じ取れるようになります。ただし、オーラの色や形がはっきりと見えるためには霊能力が必要で、一般的な人間がオーラを見ることはまず不可能です。

オーラを感じるという感覚が分かりにくい人は、「自分にはオーラを感受するスイッチがあり、ONとOFFを自在に切り替えられる」という意識を持ってみてください。そのスイッチをONにした状態で、強くて魅力的なオーラを発している人と会ったり関わる時間を増やしましょう。人間のオーラはお互いに影響し合い、他者の強いオーラを感じることで自分のオーラも強くなっていきます。

また、オーラは人間だけでなく動物や植物からも発せられていたり、パワースポットと呼ばれる通りその土地自体が強いエネルギーを持っていることもあります。動物に癒されたり旅行で気分をリフレッシュできる理由の1つは、対象から無意識に強いオーラを感じているからです。

まずは、周囲から発せられる強いオーラを積極的に感じ取ることを心がけましょう。

 

2. 好きな物事を見つけ、大切にする

好きな物事に没頭している時も、オーラは強まり人間的な魅力はどんどん増していきます。
例えば、恋愛におけるオーラは「フェロモン」と呼ばれ、フェロモンが分泌されている(すなわち恋愛オーラが活発化している)と、見た目や生活スタイルは恋愛前と何も変わっていないのに、なぜか本人に魅力を感じることがあります。このように「人は恋をすると魅力が増す」と言われる理由も、オーラが関係しています。

上では分かりやすく恋愛を例に挙げましたが、自分が心から好きな趣味に打ち込んでいる時や、飼っているペットに愛情を注いでいる時も、同様のオーラは活発になります。オーラを強く育てるには、まずは趣味や好きなモノを見つけること。そしてその時間を楽しむことが大切です。

 

3. 1日数分、一人の時間を作る

自分自身のオーラを感じたり細かく観察するために、1日のうち一人になれる時間を数分だけでも作りましょう。これはオーラ自体を強めるというより、「オーラの感受性を高める」「オーラを整える」という目的意識で行うのが適切です。

今の時代は、少し都会に出かければ人で溢れていたり、24時間365日誰かとの繋がりを感じることが当たり前の状態です。そのため、以前より他人を意識する時間も機会も多くなり、劣等感や嫉妬心を抱いたり自己肯定感が低い人が増加しています。現代は言わば、他人のオーラに気圧され、自分のオーラが相対的に弱まったり感じにくくなっている時代なのです。

そんな時代に生きる私たちがオーラを強くする方法は、一時的にでも他者との繋がりをすべて絶ち、自分自身を見つめる時間を作ることです。1日数分だけでもスマートフォンの電源を切って外部からの情報を遮断し、内側から発せられる情報(感情や感覚・思考)に目を向けてみてください。これは「デジタルデトックス」とも言われ、電子機器に依存している人ほどほんの数分間行うだけでもかなりの効果を実感できます。

 

まとめ

スピリチュアルでいうオーラとはなにか。それは、あなたの性質・性格を表す放射状の生体エネルギーです。波動と混同して使われがちな言葉ですが、両者は似て非なるもの。またオーラとは天性のものではなく、努力することで高められるものです。

自分の基本性格、ポテンシャル、エネルギーの強弱、人生の課題、カルマを知りたいと願うあなたにとって、オーラは最高の参考材料になるでしょう。

 

-スピリチュアル
-

© 2021 ネクスピ