スピリチュアル

スピリチュアル用語・チャクラとは|意味・役割

スピリチュアル用語・チャクラとは|意味・役割

チャクラとは、人間の頭頂部から尾てい骨まで全7箇所にあるエネルギーの出入り口です。肉体を取り巻くオーラからエネルギーを取り込み、排出する器官ともいえます。

この記事では、スピリチュアル用語・チャクラとは何かを解説します。その意味と役割を紹介しますので、誰にも備わるエネルギーの出入り口について知りたいあなたは必読です。

スピリチュアル用語・チャクラとは何か

スピリチュアル用語・チャクラとは何か

チャクラとは、人間の頭頂部から尾てい骨まで全7箇所にあるエネルギーの出入り口です。そのエネルギーサイクルは「車輪が回転するさま」に例えられています。

また、人体の背骨に沿って柱のように存在することから、チャクラは「霊的中枢」と意味づけられることも。

地域や信仰宗教によってその意味づけには微妙な違いがあるものの、基本的には、チャクラを「エネルギーの出入り口」と理解して問題ありません。

チャクラは誰にでもある

チャクラは誰にでもあります。目には見えませんが、あなたの肉体を取り巻くオーラからエネルギーを取り込み、必要に応じて体外に排出しているのです。

全7つのうち、どのチャクラが開きやすいかは人それぞれ違います。あなたの性質、性格、オーラの色などによって、各チャクラの開閉状態が変わるということです。

チャクラの役割

チャクラの役割

チャクラの役割は、人体にエネルギーを循環させることです。スピリチュアルの世界では、エネルギー循環の良し悪しによって、オーラの輝き、心身の健康状態、潜在能力の覚醒スピードなどが変わるとされています。

  • エネルギー循環が良い…オーラが輝く。生命力、活力、自信、愛情、感性、霊性などの潜在能力が覚醒しやすくなる。
  • エネルギー循環が悪い…オーラが濁る。生命力、活力、自信、愛情、感性、霊性などの潜在能力が覚醒しにくくなる。

この点から、チャクラの役割は「人間の心身の健康や潜在能力の管理」ともいえます。

以下、7箇所のチャクラそれぞれの役割について詳しく解説していきます。自分が足りないと感じるエネルギーを司るチャクラを知りそこを活性化させることで、自身の願望を実現したり理想の人生を歩むことができるようになるでしょう。

第1チャクラ(ルートチャクラ)

第1チャクラ(ルートチャクラ)は「本能」を担当する場所で、大地や地球の生命エネルギーを取り込む役割を持っています。第1チャクラは尾てい骨のあたりに位置し、ここから私たちが日々活動するための生命力や生活力が生み出されています。

第1チャクラの活性化によって、衣食住といった基本的な生活を健康的に送ろうとする意欲が湧きます。この意欲は人間としての生命活動の基本であり、仕事や趣味、果ては自分の人生をより良くしようとする欲求や行動力・情熱などに結び付きます。

第2チャクラ(セイクラルチャクラ)

第2チャクラ(セイクラルチャクラ)は、第1チャクラで取り入れたエネルギーを生命力に変換したり、感情を安定させる役割があり、「丹田」と呼ばれるおへその少し下に位置しています。

第2チャクラの活性化は、一言で言うと「自分らしさ」をもたらしてくれます。自分の感情をポジティブな方向に仕向けたり良い状態のまま安定させられ、人生における課題やチャレンジに対して前向きに取り組むことができるようになります。その結果として、願望を実現する速度・時間も早まります。

先ほどチャクラのエネルギーサイクルを「車輪が回転するさま」と例えましたが、まさに第1チャクラと第2チャクラはお互いに深く関係しており、第1チャクラが「生きるための基本的なエネルギー」を司り、第2チャクラはそのエネルギーを「人生や世界を楽しむためのエネルギー」に変換してくれます。これ以降で紹介する各チャクラも、前後のエネルギーの種類や役割の繋がり・関係性などを意識することで理解が一層深まるでしょう。

あわせて読みたい
自己実現の本質的な意味とその欲求を満たす2つの方法
自己実現の本質的な意味とその欲求を満たす2つの方法

マズローの5段階欲求のうち、最も高次な位置にあるとされる「自己実現欲求」。 ここでいう自己実現とは、ありのままの自分を謳 ...

続きを見る

第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)

第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)は、みぞおちのあたりに位置する「自立」を司るチャクラです。第3チャクラを活性化させることで、第2チャクラで高まった情熱的なエネルギーを自立心に変換し、自己肯定感を高めたり自己愛を育むことができるようになります。

何事においても他人と比較してしまったり自分に自信が持てないことが多い現代は、第3チャクラのバランスが乱れやすい環境と言われており、現に他者からの承認欲求を求めたり仕事や生活に消極的な人も少なくありません。そんな時は、第3チャクラを活性化させるために自分の心が喜ぶこと=直感を信じて行動しましょう。自分がポジティブに感じる出来事は、また別の良い出来事を引き寄せ、その過程で自己肯定感が徐々に育まれていきます。

第4チャクラ(ハートチャクラ)

第4チャクラ(ハートチャクラ)は、名前のイメージの通り「慈愛」を司るチャクラであり、胸の中央あたりに位置しています。幸せを感じたり感動したりすると「胸が温かくなる」と言いますが、まさにその瞬間、第4チャクラのエネルギーが活性化されているのです。

第1~第3チャクラは「自己実現」や「自己肯定感」など自分自身に対して用いられるエネルギーでしたが、第4チャクラは他者に向けられるエネルギーです。「愛」と聞くと主に1対1の恋愛をイメージすると思いますが、ハートチャクラが活性化することでもたらされる愛のエネルギーは、生きとし生けるものすべてに対する「無償の愛」です。第4チャクラが整っていると、思いやりや優しさに溢れ、自分以外の存在に癒しを与えることができます。そしてその癒しは、巡り巡って自分が理想とする人生を生きることにも繋がります。

また第4チャクラは、全7つのチャクラの中で特に重要なものとされています。チャクラは「人間界の第1~第3チャクラ」と「天上界の第5~第7チャクラ」の2種類に大別されますが、第4チャクラはその中間に位置しており、すべてのチャクラの活動を調整する役割も担っているのです。

第5チャクラ(スロートチャクラ)

第5チャクラ(スロートチャクラ)は、喉(throat)から連想される通り「表現」や「創造」に関わるエネルギーを生み出すチャクラです。その場所もちょうど喉の部分にあり、第5チャクラの活性化によって「新しいモノを創造する」「自己の内側を外側に表現(アウトプット)する」ことができるようになります。アーティストやクリエイターとして活動している人は、この第5チャクラが特に発達しているとされています。また、クリエイティブな仕事や趣味を持っていない人も、第5チャクラが活性化することで「コミュニケーション能力の向上」を図ることができます。

第6チャクラ(サードアイチャクラ)

第6チャクラ(サードアイチャクラ)は眉間の位置にあり、「第三の目」と言われる通り見えない世界からのエネルギーを感知し取り入れることができるチャクラです。第6チャクラの活性化は「インスピレーション」に好影響を与え、自身の内側に眠っているスピリチュアルな能力を目覚めさせます。物事の本質を見抜く力が育まれ、人や出来事を観察して最適解や真理を見つけ出す力が育まれます。

その名前やイメージから「超常的な力を持つチャクラ」と思われがちですが、この第6チャクラのエネルギーが弱まると「問題解決能力」や「直感力」など仕事や生活に関わる力も鈍り、正しい選択や決断ができなくなってしまいます。不要なチャクラや使わないチャクラは一つもなく、すべてが整っている状態を維持することが大切です。

第7チャクラ(クラウンチャクラ)

第7チャクラ(クラウンチャクラ)は頭頂部のやや上にあり、身体から少し離れているという、第1~第6チャクラと比べると異色のチャクラです。第7チャクラのキーワードは「高次元」「宇宙意識」であり、このチャクラの活性化で物質界(三次元)の常識から離れ、高次元の世界の価値観や時間の流れで生きるようになると言われています。この境地が、いわゆる「悟り」の状態です。

宇宙意識の中で生きているため、他者との境界が曖昧になったり「人間」という感覚そのものも薄れていくとされています。この第7チャクラが最大限に活性化された時、アセンション(次元上昇)が果たされます。

あわせて読みたい
アセンションとは?次元上昇の意味と実践法を解説
アセンションとは?次元上昇の意味と実践法を解説

スピリチュアルの世界におけるアセンションとは、地球や人類の「次元上昇」を意味します。とはいえ、次元上昇という説明だけでは ...

続きを見る

まとめ

チャクラとは、スピリチュアルなエネルギーの出入り口です。その役割は人体にエネルギーを循環させることであり、人間の心身の健康や潜在能力を管理することでもあります。

原因不明の不調、心の疲れ、感性の鈍りがある。逆に、なぜかいつも以上に調子が良い。こうした事象を体験する根本的な理由は、あなたのチャクラが作用しているからでしょう。

 

-スピリチュアル
-

© 2022 ネクスピ