マインド

昔好きだった人の夢を見たくないのに見る理由3選

昔好きだった人の夢を見たくないのに見る理由3選

昔好きだった人の夢を「見たくない」と思っているのに見てしまうと、過去の恋愛に執着している気がしたり、今の恋愛や人生に満足しているはずなのに寂しく感じてしまうこともあるでしょう。

「過去の好きな人や恋人の夢を見たくないのに見る」という現象には、一体どんな意味があるのでしょうか?
また、同じ夢を再び見ないようにするには、どんな対処法を実践したら良いのでしょうか?

今回は、昔好きだった人の夢を見たくないのに見てしまう意味と対策について解説します。

昔好きだった人の夢を見たくないのに見る理由

昔好きだった人の夢を見たくないのに見る理由

さっそく、昔好きだった人の夢を見たくない時の心理や、それでも同じ夢を何度も見てしまう意味についてチェックしていきましょう。

【昔好きだった人の夢を見たくない時の意味・心理】

  • 深層心理で「昔好きだった人のことを忘れたくない」と考えている
  • 昔好きだった人の夢を見て現実逃避している
  • 昔好きだった人が自分のことを想っている

理由①:昔好きだった人のことを忘れたくない

昔好きだった人の夢を見たくないのに見てしまう1つ目の理由は、その人のことを本当は「忘れたくない」から。顕在意識では「見たくない」「忘れたい」と思っていても、その気持ちに反するように、深層心理では「忘れたくない」「また夢で会いたい」と考えているのかもしれません。

夢は一般的に、記憶を整理する過程で見る映像と考えられています。脳が、覚えておきたい記憶と忘れていい記憶を一晩でまとめて整理しようとするために、起承転結がなく支離滅裂な夢を見るのです。

その記憶整理の作業に昔好きだった人が何度も現れるということは、「忘れたい」という顕在意識に対して、潜在意識がその人のことを忘れないように抗っている状態と考えることができます。

また人の脳は、否定的な言葉を文字通りの意味で認識できないと言われています。例えば「昔好きだった人のことを思い出したくない」と頭の中で否定形で考えた時、真っ先に思い浮かぶのはその本人の姿や過去の記憶ではないでしょうか。

このように、「彼の夢を見たくない」という建前と「彼を忘れたくない」という本音がズレていると、その内容の夢をかえって見やすくなるのです。

理由②:昔好きだった人の夢を見て現実逃避している

昔好きだった人の夢を見たくないのに見てしまう2つ目の理由は、「現実逃避」しているパターンです。過去の恋人との思い出が自分にとって美しくて大切なものになっている人ほど、現実で嫌なことや辛いことがあると、そのストレスに対処するために本人が夢に現れるということもあります。

また夢占いでは、一般的に昔好きだった人の夢は「執着や未練の表れ」とされています。本人に対する未練はもちろんのこと、今の恋愛関係に満足できていなくて、昔好きだった人との思い出を無意識に美化している可能性もあります。

特に、昔好きだった人の夢を見たくないのに頻繁に見てしまう場合は、今の仕事や恋愛に対する不安や不満が大きいサインです。

あわせて読みたい
昔好きだった人の夢を頻繁に見る理由は?詳しい意味と対処法を解説
昔好きだった人の夢を頻繁に見る理由は?詳しい意味と対処法を解説

昔好きだった人の夢を見ると、懐かしくて嬉しくなる一方で、未練が残っている自分に気づいて寂しくなることもあるでしょう。もし ...

続きを見る

理由③:昔好きだった人が自分のことを想っている

昔好きだった人の夢を見たくないのに見る3つ目の理由は、「相手に想われている」という場合です。スピリチュアル的な解釈では、自分が相手を意識しているから夢を見るのではなく、相手の想いが自身の潜在意識に影響を与えた結果、その人が夢に現れると考えます。

スピリチュアルの世界では、物質だけでなく人の感情にも波動があり、波長が合う人同士は、物理的にどれだけ離れていてもテレパシーのように意識を共有できるとされています。

  • 昔好きだった人と今も波長が合っている
  • 昔好きだった人があなたを意識している
  • 自分は「見たくない」と思いながらも相手に意識されることを内心では受け入れている

上記の条件が揃うと、昔好きだった人の夢を見たくないはずなのに見てしまうということが起こるのです。

あわせて読みたい
昔好きだった人の夢を見るスピリチュアルな意味3選
昔好きだった人の夢を見るスピリチュアルな意味3選

「昔好きだった人の夢」の基本的な意味は、未練や執着の暗示です。意識が過去に囚われていて、出会いのきっかけを逃していたり次 ...

続きを見る

昔好きだった人の夢を再び見ないための対処法

昔好きだった人の夢を再び見ないための対処法

実は本心では昔好きだった人に恋焦がれているとしても、見たくない夢を何度も見るのはストレスになります。

そこでここからは、昔好きだった人の夢を再び見ないために簡単に実践できる対処法をご紹介していきます。

【見たくない夢を見ないためにできること】

  • 昔好きだった人との思い出を意識的に振り返る
  • 昔好きだった人と現実で納得いくまで関わる

対処法①:昔好きだった人との思い出を意識的に振り返る

昔好きだった人の夢をまた見ないようにするには、本人との思い出を「意識的に振り返る時間」をあえて作りましょう。

  • 相手に言われて嬉しかった言葉
  • 一緒に出かけた思い出の場所
  • 相手の好きな仕草や魅力

といった記憶を、潜在意識ではなく顕在意識でしっかりと考え、整理してください。思い出して辛くなるようなことまで振り返る必要はありませんが、できるだけ自分の意思で、昔好きだったその人との様々な記憶に向き合うことが重要です。

「素敵な人だった」「一緒にいて楽しかった」「出会えてよかった」といったように、その人との過去の出来事に意識的にポジティブに向き合えるようになると、潜在意識(本音)とのズレが解消され、夢を見る回数を減らしたりなくすことができるでしょう。

対処法②:昔好きだった人と現実で納得いくまで関わる

昔好きだった人の夢を見ないようにする2つ目の対処法は、可能であれば「本人と現実世界で納得いくまで関わる」こと。

本人と連絡が取れるなら、勇気を出してメッセージを送って実際に話し合ってみてください。もし連絡先も分からず、SNSや共通の知人とも繋がっていなければ、霊感のある占い師に相談して相手の気持ちを霊視してもらう方法もおすすめです。

もし未練や後悔が理由で昔好きだった人の夢を見続けているなら、その人への執着を手放さない限り、どんな対処法を実践しても応急処置にしかならない可能性もあります。仮に現実の相手との関係がまったく変わらなくても、「できる限りの行動をした」という事実や達成感が未練を浄化して、夢をそれ以降見なくなることもあります。

過去をしっかりと清算することで、これからは後ろを振り返ることなく、未来を前向きに見据えることができるでしょう。

あわせて読みたい
占いを受けるおすすめのタイミング3選!最適な頻度はどれくらい?
占いを受けるおすすめのタイミング3選!最適な頻度はどれくらい?

電話占いサイトやLINE占いなどで、今の時代はいつでもどこでも本格的な占いを受けることができるようになりました。しかし手 ...

続きを見る

まとめ

昔好きだった人の夢を見たくないのに見てしまう理由は、人それぞれです。当時のことを思い出して心を満たそうとしている方もいれば、潜在意識からの「未練を断ち切って前に進みましょう」というメッセージの可能性もあるでしょう。

見たくない夢を見るということは、その夢に重要な意味が込められているサインです。ご自身が見た夢の意味をさらに詳しく知りたい方は、昔好きだった人の夢をシチュエーション別に解説した以下の記事も、併せてご覧ください。

あわせて読みたい
昔好きだった人の夢を見る意味とは|シチュエーション別に詳しく解説
昔好きだった人の夢を見る意味とは|シチュエーション別に詳しく解説

「昔好きだった人」が夢に現れると、好意のサインかもしれないとドキドキする一方で、現実じゃないと分かって寂しく感じることも ...

続きを見る

 

-マインド
-, , , ,

© 2023 ネクスピ