占い

占いに依存しやすい人の特徴4選!克服するための考え方も紹介

占いに依存しやすい人の特徴4選!克服するための考え方も紹介

スピリチュアルと並ぶ人気を誇る「占い」。現在は、対面だけでなく電話やネットからも、手軽に占いを楽しむことができるようになりました。

そんな今の時代に問題視されているのは、「占い依存」です。果たして、占いに依存しやすい人にはどのような特徴があるのか?また、克服するための考え方はあるのか?

この記事では、占いに依存しやすい人の特徴・占い依存を克服するための考え方について解説していきます。「占いに依存しているかも…」というあなたは必読!

占いに依存しやすい人の特徴4選

占いに依存しやすい人の特徴4選

「私は占いにハマりやすい人だ」と事前に知っておくだけでも、依存しないように気をつけられたり占いを適切な距離感で楽しむことができます。
そこでまずは、占いに依存しやすい人に共通する主な特徴について、以下の4つをご紹介していきます。

【占いに依存しやすい人の特徴】

①スピリチュアル/ファンタジーの世界が好き
②スマホをいじる頻度が高い
③何かと不安を抱きやすい
④本音を打ち明けられる人が身近にいない

特徴①:スピリチュアル/ファンタジーの世界が好き

占いに依存しやすい人の特徴1つ目は、「スピリチュアル/ファンタジーの世界が好き」という人。極端な言い方をすれば、現実味のない世界観への関心が高いということです。

多くの人は、スピリチュアルな世界(精神世界)を目視で確認できませんし、ファンタジーの世界でしか起こり得ない事象を再現できません。こうした現実味のない世界観には占いも含まれています。

スピリチュアルやファンタジーの世界は「再現できないからこそフィクションとして楽しめる」のですが、自分の人生に関わることを占われると、一転して現実的に考えてしまう人がいます。実際のところ、過去や未来について占われても、鑑定結果が当たっているかどうかを現実に示す証拠はありません。

こうした確かめようのないスピリチュアルな概念や非現実的なファンタジー作品にのめり込みやすい人ほど、占いに依存しやすい傾向があるといえます。

特徴②:スマホをいじる頻度が高い

占いに依存しやすい人の特徴2つ目は、「スマホをいじる頻度が高い」というもの。いわゆるスマホ依存に陥っている人は、占いにも依存しやすいのです。

というのも、最近の占いはスマホ1つあればいつでもどこでも占ってもらえるからです。ネット検索をすれば、無料の電話占いやネット占いが数多くヒットします。

日課のようにスマホをいじる人にとって、こうしたコンテンツを見つけるのは容易なこと。暇つぶしで占うつもりが、これまた「日課になっていた」なんてケースは多々あります。

特徴③:何かと不安を抱きやすい

占いに依存しやすい人の特徴3つ目は、「何かと不安を抱きやすい」という心理的傾向を持つ人です。常に答えを知らないと安心できない人は、自分に都合のいい結果を伝えてくれる占い師やアゲ鑑定(どんな結果であっても相談者を喜ばせるような鑑定方法)に依存しやすく、タバコやお酒と同じく不安解消のために占いを繰り返すようになってしまいます。

私たちは誰しも、先の見えない未来に少なからず不安を抱くものです。しかし、その中でも、不安に打ち勝つための精神力・実績を積み重ねる人たちはいます。

ここでいう「何かと不安を抱きやすい人」は、自分自身の足で立ち、未来に向かうだけの強靭な精神力を持ち合わせていない人。だからこそ他力本願の癖が抜けず、占いに答えを求めてしまうのです。

特徴④:本音を打ち明けられる人が身近にいない

占いに依存しやすい人の特徴4つ目は、「本音を打ち明けられる人が身近にいない」というもの。家族や恋人・友人に対して自分から壁を作ったり親しい人を頼ることに抵抗を感じる人は、占い師のような「自分と直接縁のない第三者」のほうがかえって悩みを相談しやすいのです。

この考え方自体は決して悪いことではありませんが、事あるごとに自分の本音を占い師に打ち明けるうちに、気づけば周りの人よりその占い師が心の支えとなり、占いに依存してしまうこともあります。

占い師は親身になって相談に乗ってくれますが、必ずしも「正解」を教えてくれるわけではありません。自分が正しいと思い込んでいる鑑定結果を冷静な立場で分析してくれる友人が1人でもいれば、占いに盲目的にハマることもなくなるでしょう。

占い依存の深さが分かるチェックリスト9項目

占い依存の深さが分かるチェックリスト9項目

ここまで占いに依存しやすい人の特徴について解説してきましたが、「そもそも自分は占いに依存しているのか?」「どれくらい依存してしまっているのか?」というところも気になるかと思います。

占い依存を克服する方法を知る前に、以下のチェックリストからご自身の占い依存の程度を確かめてみましょう。全9項目のうち3項目以上に当てはまっている人は、すでに占いに依存しているか、依存しかけている人といえます。

【チェックリスト9項目】

  • 定期的に占ってもらわないと不安になる
  • 大事なことは占い師に決めてもらう
  • 占いの結果に一喜一憂して日常生活に支障をきたすことがある
  • 「この人の言うことは絶対に真実だ」と思える占い師がいる
  • お金がないのに占いをしてしまう
  • 占いが終わった後に後悔や罪悪感を抱く
  • 同じ悩みをいろんな占い師に相談してしまう
  • 自分にとって都合のいい結果が出るまで占いを繰り返してしまう
  • 悪い結果を伝えた占い師を嫌いになる

自己診断をしてみて「占いに依存しているかも」と感じた方は、続いてご紹介する占い依存の克服方法をしっかりと押さえましょう。

占い依存を克服するための考え方3選

占い依存を克服するための考え方3選

最後に、占い依存を克服する具体的な考え方を3つご紹介します。

【占い依存を克服する考え方】

①占いを受けただけで人生は好転しない
②大事なことは自分の意思で決める
③先の見えない未来に向けて努力する

小手先のテクニックではなく本質的な対策を紹介していますので、占い依存を本気で解消したい方は、この考え方を記事を読み終えたその瞬間から心がけてみましょう。

考え方①:占いを受けただけで人生は好転しない

「良い結果が出ますように」と願いながら占いをする人は多いでしょう。しかし、占いに依存するだけでは人生は好転しません。

そもそも、私たちがこの世に誕生した理由は「魂」を成長させるためです。そのためには、自分自身で考え、決断し、行動することが求められます。

直面した問題の答えを占い師に求めるような他力本願な姿勢では、魂の成長には繋がらず、人生を好転させること自体が難しくなるでしょう。

とはいえ、自分の人生や未来を占ってもらうこと自体は、まったくもって悪いことではありません。大事なことは、占いに自分の人生を委ねるのではなく、占いの結果を人生を好転させるための「ヒント」と捉えることです。

仮に、有名で評判のいい占い師に占ってもらって、その結果が今の自分の境遇にぴったり的中していたとしても、その結果を100%信じ込まないこと。占いは「こういう未来が訪れる可能性がありますよ」と教えてくれる道標の1つであり、どういう道を通ってどんな成長を遂げるかは、自分の心がけと行動次第でいくらでも変化するのです。

だからこそ占い依存を克服するためには、占いの結果を「正解」や「真実」と短絡的に考えるのではなく、魂を成長させて自分らしい人生を歩むための「ヒント」と捉えて、最終的には自分の力で望みを現実化していく姿勢を忘れないようにしましょう。

考え方②:大事なことは自分の意思で決める

人生において、仕事、恋愛、人間関係などに関する「大事な選択」は無数にあります。そうした大事な選択を占い任せにしてしまっては、自分主導の人生を送ることはできません。

占い依存の克服はもちろんのこと、そもそも占いに依存しないよう自己防衛するためにも、「大事なことは自分の意思で決める」という癖をつけましょう。そうすることで、大事な選択を迎えるたびに占いを頼ってしまう他力本願の姿勢が、徐々に解消されていくはずです。

また、「誰か」や「何か」に依存する日々を卒業できれば、自分自身で物事を成し遂げることへの充実感や達成感も感じられるようになるでしょう。充実した人生を実現できたり使命を達成した時の喜びは、魂が成長を遂げたサインでもあります。

大事なことを自分の意思で決められる人になるために必要な考え方も、やはり先ほどお伝えした通り占いの結果を答えではなく「ヒント」と捉えることです。占い師の助言はあくまで1つの参考材料に過ぎず、最終決定権は常に自分自身にあるということを心得ておきましょう。

考え方③:先の見えない未来に向けて努力する

先の見えない未来を不安に思って占いに依存する前に、自分自身で未来を切り拓くための努力をしましょう。簡単にいえば、「地に足をつけて生きよう」ということです。

自分自身の夢・目標が定まっている人は、達成するために必要な努力を1日も早く始めてみてください。特筆すべき夢・目標がない人も、それを探すために試行錯誤しましょう。

未来への不安を緩和するのは、他人からの助言ではなく、自分自身の努力であるべきです。この点を忘れなければ、占いに依存していた時間すらも「必要な学び・努力の時間」に変えていけるはずです。

ここまで何度もお伝えしていることですが、占いをただ受けただけでは、人生は何一つ変わりません。占いによって人生を好転させられる気づきを得て、今の自分にとって必要な努力を積み重ねることで初めて、この現実を望み通りに作り変えていくことができます。

先の見えない未来を恐れず、今この瞬間にすべきことに集中し続ける限り、占いに依存することはなくなるでしょう。

まとめ

占い依存は、「自分自身の魂の成長」や「自分主導の人生を送る喜び」を実感しにくくなる危険な兆候のため、1日も早く克服すべきです。

そんな占い依存を克服するカギとなるのは、「強靭な精神力」と「強い意思」。いずれも、地に足をつけて地道な努力を続けることで手に入る力といえます。

あなた自身が占いに依存することをよく思っていないのであれば、今すぐ克服するための考え方を落とし込みましょう!

 

\ 電話占いで人生好転のヒントを知ろう /

電話占いとは?無料でお試しできる電話占いサイトも紹介!

 

-占い
-,

© 2022 ネクスピ