占い

姓名判断とは|天格・人格・地格・外格・総格の意味

姓名判断とは|天格・人格・地格・外格・総格の意味

自分に付けられた名前がもつ運勢を知りたい方に人気の「姓名判断」。姓名判断とは、姓と名の画数や陰陽配列・三才配置などにより、その名前の吉凶を判断する占い手法です。

そんな姓名判断では、「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」といった5つの視点から名前の吉凶を占っています。

そこでこの記事では、「姓名判断とは何か?また、姓名判断における天格・人格・地格・外格・総格の意味とは何か?」を解説していきます。

 

姓名判断とは

姓名判断とは

姓名判断とは、姓と名の画数や陰陽配列・三才配置など古代中国の陰陽五行説に基づき、その名前の吉凶を判断する占い手法です。

また、姓名判断における「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」といった5つの運気をチェックすることで、先天的な運勢から後天的な運勢まで幅広く占えるとされています。

名前を呼んだときの響き・名前を書いたときの漢字や画数などによって受ける印象は違う。こうした説から、姓名判断は万人から支持される人気の占い手法ともいえます。

 

姓名判断における天格・人格・地格・外格・総格の意味

姓名判断における天格・人格・地格・外格・総格の意味

天格

天格とは「祖先運」です。姓の家系に所属するご先祖様から受け継いだ運気を指し、自力では変えられない先天的な運気や、一族が背負う宿命などを示します。天格を変えたい場合、改姓手続きまたは結婚をする必要があるわけです。

天格は、自身では簡単に変えることのできない運気です。それゆえに、姓名判断において重要度はそれほど高くなく、鑑定結果はあくまで参考程度に捉えましょう。天格の運勢を知っても「そういうこともある」と受け入れてご先祖様に感謝をしたり、マイナスの部分を糧に後天的な運勢を上げようと努力することが大切です。

 

人格

人格とは「主運」です。「姓の最後の漢字」と「名の最初の漢字」の画数の合計値を指し、中年期の運勢に影響を与えるとされています。また、中年期のライフイベントとしてよく挙がる、仕事運、家庭運、結婚運などにも影響します。

 

地格

地格とは「初運」です。「名前の画数の合計値」を指し、幼少期の運勢に影響を与えるとされています。また、幼少期に形成される性格、才能、適職、金運などにも影響します。

日本の法律で夫婦別姓が認められない限り、特に女性は、結婚によって苗字が変わる場合も多々あります。結婚して苗字が変わってもずっと変わらない運気は、名前に由来する地格のみです。これから娘さんが産まれる方は、姓名判断の優先順位を考える時、地格は特に重視しましょう。

 

外格

外格とは「助運」です。「総格から人格を差し引いた値」を指し、社会における対人運に影響を与えるとされています。また、ここでいう対人運には会社の上司、同僚、部下のほか、友人や配偶者(パートナー)なども含まれるようです。

 

総格

総格とは「総合運」です。「姓と名の画数を足した値」を指し、晩年期の運勢に特に影響するとされています。総格は一生ついて回る運勢ともされ、年齢を重ねるにつれてその影響力が増すと考えられています。

総格は、一般的な占いにおける「総合運」を示すため、姓名判断の5つの運気の中でも特に重要視されます。

 

姓名判断をする時に押さえたい2つの大切な視点

姓名判断をする時に押さえたい2つの大切な視点

姓名判断を気にするタイミングは、「子どもに名前をつける時」と「自分の名前を占った時」の主に2つ。

ここからは、この2つの時期に姓名判断をする際に理解しておきたい大切な視点を解説していきます。

 

姓名判断で子どもに名前をつける場合

姓名判断を一番気にするタイミングは、これから産まれる子どもに名前をつける時ではないでしょうか。地格の章でもお伝えした通り、名前はキラキラネームのように社会的な被害を被るなどの事由がない限り、生涯変わることはありません。名前がその人のアイデンティティとなり、文字通り人生を左右することすらあるのです。

子どもに名前をつける際に大切なことは、姓名判断のうち、特に「地格」「総格」の運勢を良くすること。

そして、

  • どんな子に育ってほしいか?
  • 名前や漢字からポジティブな意味を連想できるか?
  • 当て字や読みにくい漢字を使っていないか?

このように子どもがこれから歩む明るい未来を想像しながら、その運勢に適した名前をつけましょう。

 

姓名判断で自分の名前を占った場合

姓名判断で自分の名前を占った時、あるいは占い師に占ってもらった時は、そのアドバイスによって「今後の自分の人生をどう好転させるか?」を考えましょう。

姓名判断の5つの運気のうち、ご先祖様に由来する天格以外は、すべて後天的な運勢を教えてくれます。後天的な運勢とは、自分の行動や努力次第で変えることができるものです。画数や姓名判断の結果の良し悪しで、その後の人生のすべてが決まることは決してありません。

姓名判断だけでなく、すべての占いにおいて大切なことは、鑑定結果に一喜一憂することではなく、今この瞬間から人生を豊かにするために「鑑定結果を活用すること」です。

例えば、姓名判断の外格(対人関係を示す運気)で、人とのコミュニケーションに苦労することを知ったとしましょう。結果に一喜一憂するだけであれば、「集団生活に向いてないのかも…」「結婚なんて夢のまた夢…?」と、暗い運勢しか思い浮かびません。自分の名前やアイデンティティが嫌いになってしまい、ひどい場合は自分の人生そのものを呪ってしまうこともあるでしょう。

その一方で、姓名判断の鑑定結果を人生を好転させるきっかけとして活用するように心がけると、次のようにいろんなアイデアが思い浮かんできます。

  • 人とあまり関わらない専門的な仕事で成功できるんじゃないか?
  • いろんな人と関わるのは苦手だけど、狭く深い人間関係なら性に合ってるかも?
  • 「私は人間関係が苦手だ」と割り切って自分の時間をもっと大切にしよう!

こう思えたら、コミュニケーションが苦手という姓名判断が、一転して自分の長所になりますよね。人格・地格・外格・総格の4つの運勢は、今この瞬間からの意識と行動でポジティブな方向に変えることができるのです。自分の名前をもっと好きになれるように姓名判断の結果を誇りにして、自分らしい人生を歩んでいきましょう。

スピリチュアルと占いの違いは?鑑定手法からみた違いを考察
スピリチュアルと占いの違いは?鑑定手法からみた違いを考察

似たようなイメージをもたれる「スピリチュアル」と「占い」。 この2つの分野には、鑑定手法からみた違いがあると考察できます ...

続きを見る

 

まとめ

姓と名の画数などから運勢を占う姓名判断とは、私たちの過去・現在・未来の歩み方の目安ともいえるでしょう。

幼少期から晩年期までの運勢、ご先祖さまから授かる運勢、一生涯の運勢などを知りたいあなたは、ぜひこの機会に姓名判断を試してみてください!

 

-占い
-

© 2021 ネクスピ