スピリチュアル

スターシードとは|他人に理解されにくい特徴3つと使命の果たし方

スターシードとは|他人に理解されにくい特徴3つと使命の果たし方

スターシードとは、自ら志願して宇宙から地球に転生してきた魂を指します。その魂には地球以外の銀河・惑星などの記憶が宿り、私たちが次元上昇(アセンション)をするためのヒントが隠されているとされています。

そんなスターシードには他人に理解されにくい特徴が3つあります。地球と人類の次元上昇を促すという特別な使命をもつことから生じた特徴なのだとか。

この記事では、スターシードとは何かを解説していきます。その他人に理解されにくい特徴と使命の果たし方についても紹介しますので、「私もスターシードかも…」というあなたは必読。

 

スターシードとは

スターシードとは

スターシードとは、自ら志願して宇宙から地球に転生してきた魂。「スターピープル」「スターチャイルド」という別称で呼ばれることもありますが、いずれも同じ意味です。

さらにわかりやすい定義として、スターシードとは「様々な宇宙人の記憶をもって地球に転生してきた地球人」ということもできます。

スピリチュアルの世界からみた地球・地球人は、次元上昇が必要な惑星・人類。現在は3次元からの上昇を試みており、その過程でスターシードのような「宇宙からやって来た高次の存在」が必要だといわれています。

 

他人に理解されにくいスターシードの特徴3つ

他人に理解されにくいスターシードの特徴3つ

スピリチュアルな能力をもつ

スピリチュアルな能力をもつスターシードは、エンパス、HSP、ADHD(発達障害)などの気質・精神病と診断されることが少なくありません。その強すぎる感受性から他人に理解されにくく、「他人を信頼しにくくなる」「他人と距離を取りたくなる」など人間関係において苦労するという特徴があります。

魂のレベルや波動が高いはずのスターシードが、なぜ人間関係に悩んでしまうのでしょうか?
それは、スターシードが持つ「共感力」が原因です。

スターシードがもともといた世界は、差別や偏見という概念すらないところです。その世界では他者に対する共感に満ちあふれており、スターシードはその能力を持ったまま地球に転生してきたため、他人の気持ちを人一倍理解する能力に長けているのです。

しかし、まだまだ次元上昇の過程にある地球では、人間一人ひとりの波動も低く、他人を傷つけたり貶めることで自尊心を保とうとする人が大勢います。そしてスターシードは、そうした波動の低い人にまで共感しエネルギーを同調させてしまうことがあり、その結果、人間関係に疲れてしまうのです。

 

大勢の人が集まる場に滞在するのが辛い

スターシードには人の本質、感情、思惑などを察知する能力があるため、大勢の人が集まる場に滞在すると辛くなるという特徴があります。大勢の中には邪念に満ちた人もいます。その波動を敏感に感じ取ると、心身の不調を生じてしまうスターシードもいるようです。

 

協調性をもてずに孤独に苦しむ

協調性に欠けるのもスターシードの悩ましい特徴の1つといえます。独自の世界観をもつスターシードは、人の輪の中でそれを表現することが難しいといわれています。そのため、他人と一緒にいても消えない孤独感に悩まされる機会が人一倍多いようです。

スターシードは、もともと宇宙規模の理や価値観に従っていた存在です。そのため地球や、まして今の仕事仲間や友人関係などごく小規模のコミュニティに、自身の思考が理解されることのほうが難しいわけです。反対に、そんな自身の思考や価値観を理解してくれる人は、スターシードにとってまさにかけがえのない存在と言えるでしょう。

そもそも「自分はスターシードだ」と自覚している人はそう多くなく、地球の波動が上がる(次元上昇する)過程で、徐々にその感覚を取り戻していくとされています。「この世界は生きづらい」といった漠然とした窮屈さを感じたり、「自分のやりたいことが他にあるはずなのにそれができていない」といった焦燥感を抱いている人は、スターシードの素質を備えているのかもしれません。

 

スターシードが使命を果たす方法

スターシードが使命を果たす方法

まずは、自分自身がスターシードであると自覚することで使命が果たしやすくなるとされています。そして、他人との違いを「悪いこと」だと思わないのも大切なポイント。

  • スピリチュアルな能力をもつ…スピリチュアルに関わる仕事を始めてみる
  • 大勢の人が集まる場所が苦手…在宅でできる趣味、特技、ライフワークに挑戦する
  • 協調性をもてない…1人で過ごす時間を重視。1人で完結する物事を多く取り入れる

スターシードの特徴から使命を果たす方法を探すとすれば、上記の項目に挑戦してみることをおすすめします。ご自身ならではの性質・特徴を活かせる環境を整えましょう。

 

スターシードとしての使命を見つけるコツ

スターシードとしての使命を見つけるコツは、自分が違和感を抱く物事を知ることです。先ほど、スターシードの魂は物質的な束縛から解放された宇宙規模の価値観にいたと解説しました。そんな高次元の世界から、他人と比較しては常に優劣を付け、今もどこかで争い事が絶えず起こっていて、将来に対する不安に満ちたこの世界に転生して来て、何かしらの違和感を抱かないはずがありません。

高次元の世界と地球の間にある常識や価値観のズレが、その違和感を生み出しているのです。つまり、自分が感じる違和感に対処しようと努めたり解決ができれば、私たち人間、ひいては地球の波動を徐々に上昇させ、最終的にはアセンション(次元上昇)を果たすことができるのです。

地球規模の違和感の解決と言うと大げさに思えますが、どんな成功も革命も『千里の道も一歩から』です。初めて月に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングの「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」という言葉が、まさにスターシードの使命に対する考え方を象徴しています。スターシードの小さな一歩は、人類や地球の次元上昇を助ける大きな飛躍となるのです。

今の自分は、この世界のどんな物事や価値観に違和感を抱いていますか?
例えば「働き方」に違和感を抱いているなら、自分にとって理想の働き方を実現させるのも良いでしょう。また今の「人間関係」に違和感を抱いていたら、一旦リセットしてみることで新しい気付きが得られるかもしれません。

こうした違和感はスターシードの使命や役割とも密接に関係しており、自分の魂がこの世界の違和感を変革したいと願っているからこそ、顕在意識に違和感という形で訴えているのです。自分の潜在意識は高次元の世界で身につけたより良い知識ややり方を知っているのに、地球ではそれが非常識とされているため実際に行動できないため、他人から理解してもらえず孤独を感じてしまうのです。

潜在意識が訴える違和感というサインを決して見逃さないでください。そしてその違和感を改善するため、実際に行動してみてください。すると自身の波動は瞬く間に上昇し、それにつられて周囲の波動も上がり、やがて地球規模の次元上昇に繋がるのです。

スターシードへ覚醒する3つのサインと目覚めを促す2つの方法
スターシードへ覚醒する3つのサインと目覚めを促す2つの方法

「最近よくめまいがする…」「なんとなく生きづらさを感じる…」 こうした悩みの答えを探した結果、『スターシード』という言葉 ...

続きを見る

 

まとめ

悩ましい特徴を備えたスターシードですが、その背景には「自ら志願して地球に転生した」という強い意思が秘められています。

その記憶・使命を思い出すまでに時間を要する場合もありますが、無事に使命を実感した際にはご自身の特徴に逆らおうとする必要はありません。

芸術作品を描く、情報を発信する、遠隔から相談に乗るなどご自身に合った方法で、スターシードとして地球・地球人の次元上昇をサポートしてみましょう。

 

-スピリチュアル
-,

© 2021 ネクスピ