スピリチュアル

願望実現を目的とした引き寄せの法則の本質と効果を高める2つの方法

願望実現を目的とした引き寄せの法則の本質と効果を高める2つの方法

引き寄せの法則といえば、願望実現を目的とした自己啓発セミナーでよく聞く言葉でしょう。その本質を以下のように理解している方は少なくありません。

心の中で具体的にイメージできる事象を現実世界で引き寄せることができる法則

上記を簡単な言葉に置き換えるとすれば、「願えば望みが叶う」ということになります。
残念ながら、このような原理を引き寄せの法則の本質だと考えているのなら大間違いです。

この記事では、願望実現を目的とした引き寄せの法則の本質と効果を高める2つの方法を解説します。

 

願望実現を目的とした引き寄せの法則の本質

願望実現を目的とした引き寄せの法則の本質

願望は努力なしに引き寄せられない

あなたのもつ願望とは、「悩みの解決」や「成功」を指すことでしょう。そのために引き寄せの法則を利用するのだとすれば、大前提として自分自身の努力が必要です。

特定の願望に対して自分自身の努力を前提とし、その上でイメージトレーニングに成功すれば望む事象を引き寄せることができる

上記が引き寄せの法則の本質となります。いかなる願望も実現するために自ら目標を掲げ、行動し、その結果として良縁が引き寄せられていくのです。

努力という工程を省いて願望実現できるのが引き寄せの法則、という勘違いをしている方はその効果を体感できません。

 

努力なしに引き寄せる事象は「悪縁」のみ

願望実現を目的とした引き寄せの法則の本質をさらに深掘りすると、「努力なしに引き寄せる事象は悪縁のみ」ということがいえます。

たとえばあなたが、職場での自己評価を高めたいという願望をもっていたとしましょう。

その過程で遅刻・欠勤を繰り返していれば願望実現できないだけでなく、周囲に集まる人間もまた不誠実な悪縁ばかりとなるわけです。

 

願望実現を目的とした引き寄せの法則の効果を高める2つの方法

願望実現を目的とした引き寄せの法則の効果を高める2つの方法

あなたの願望を効果的に引き寄せるためには、自分自身の努力を忘れず、悪縁を寄せつけないことを考えなければなりません。

ここでは、願望実現を目的とした引き寄せの法則の効果を高める2つの方法を紹介します。

 

1:実現したい願望を毎日イメージする

自分自身で努力しつつ、実現したい願望を毎日イメージしましょう。
イメージを具体的に思い描けるほど、引き寄せの法則の効果が高まります。

願望実現をイメージするときのポイントは、「自分自身で考え抜くこと」です。
自分の行動や努力によって願望を実現させる様子を、強くイメージしてください。

いつか願いが叶えばいいな。誰かが協力してくれたらいいのに。きっかけさえあれば、私も変われるかも

引き寄せの法則にすがる方のほとんどが、このような他力本願な姿勢を捨てきれません。
それでは、前章でお伝えした引き寄せの法則の本質から逸脱してしまいます。

あなた自身でイメージを具現化し、願望実現のために良縁を引き寄せましょう。

 

2:マインドセットを変える

ここでいうマインドセットとは、願望実現に必要な「思考パターン」を指します。
わかりやすくいえば、過去の経験を通じて形成された考え方です。

過去の経験を通して形成されていく思考パターン(考え方)によって、引き寄せる縁の質は大きく変わってきます。

たとえばあなたがネガティブ思考だったとしましょう。すると、実現したい願望のイメージの中に「悪縁を引き寄せるネガティブな要素」が含まれてしまうわけです。

こうなると、あなたの望む事象の引き寄せは得られず、願望実現がしにくくなります。
良縁を引き寄せるためにプラス思考になることも視野に入れましょう。

 

願望を毎日イメージすると、具体的にどうなるか?

これまで解説した引き寄せの法則の本質、すなわち「努力」と「引き寄せ効果を高める2つの方法」を毎日実践することで、あなたの願望実現の可能性は飛躍的に高まります。
引き寄せの法則の本質を理解したあなたは、たとえるなら攻略法を知った上でゲームをプレイしているようなものです。
引き寄せの法則の本質を理解していない人は、ゲームをクリアした自分の姿を想像するだけで、具体的な行動につなげることができません。

反対に引き寄せの法則の本質を理解したあなたは、

  • スケジュールの設定…ゲームクリアのために、1日何時間プレイすればよいか?
  • 願望実現の効率化…もっと効率よくゲームを攻略する方法はないか?
  • 優先順位の決定…ゲームクリアのため何を優先して、何を捨てればよいか?

という具体的な行動に移すことができます。

この行動が1日、1週間、1か月、1年それぞれの間隔で明確にイメージできるほど、願望実現の可能性はさらに高まります。
願望のイメージは、やるべきことを具体化するために必要不可欠なのです。

 

願望実現できない=失敗ではない

願望実現できない=失敗ではない

当然のことですが、引き寄せの法則の本質を理解し実践しても、自身の願望を100%実現できる保証はありません。
しかし、願望を100%引き寄せられなかったら、それは失敗なのでしょうか?

失敗と思うかそうでないかは、マインドセットによってコントロールできます。
引き寄せの法則とは、人生をかけた長い長いマラソンのようなものです。
ゴールテープを切ることが最終目的ですが、どれだけ走ればゴールにたどり着けるかは誰にもわかりません。
引き寄せの法則によりゴールを明確にイメージしているが故に、ゴールまでの道が一本しかないと思いがちですが、努力し続けることで、自分が少しずつでも成長していることを忘れてはいけません。

マラソンにたとえると、

  • 体力がついて、今までできなかったことができるようになる
  • 走り方を他人に教えてあげて、楽しさや喜びを共有できる

といった楽しみを、努力して成長するほど実感できます。

このような願望実現の過程で起こるサプライズは、引き寄せの法則の本質、すなわち「努力」を続ける人だけが見つけることができます。

願望が100%実現しなくても、それは失敗などではありません。
これがマインドセットの極意です。
思考をポジティブに変えて毎日の成長を実感し、モチベーションの向上につなげましょう。

 

まとめ

あなたの考えていた「願えば望みが叶う」は、引き寄せの法則の本質ではありません。
人生において願望実現をするためには努力が必須となります。

願望実現を目的とした引き寄せの法則の効果を高めるための方法を2つとも実践し、より現実的な引き寄せを体感してください。

 

-スピリチュアル
-,

© 2021 ネクスピ